スタッフブログ

スタッフブログ

2021/05/29

投稿者: カスガ

タイルトレーDIYに挑戦!

 

コロナがやってくるまで、毎月開催していたDIYワークショップ。

コロナが落ち着いたらまた再開しよう!と言ってはいますが、いまだ先の見えない感染状況。

そこで、今回フリーペーパーの取材を受けたことがきっかけではありますが、

ブログでも【タイルトレー】の作り方をご紹介させていただきます。

 

●材料●

・タイル

・下地材(今回は板材に角材を貼って枠を作りました。100円均一などに売っているものでもOK)

・木工用ボンド(瞬間接着でないものが便利です)

・目地材(今回はLIXILスーパークリーン。100円均一やホームセンターに売っているものでOK)

・スポンジ

・手袋

・ドライヤー

・ティッシュまたはウエス

・新聞紙など周りを養生するもの(室内で作業する場合)

 

●作業時間●

約1時間半〜2時間

(最後の乾燥時間は含みません)

 

●対象年齢●

保護者同伴で、小学校低学年〜

(タイルの隙間を空けて並べることができればOK)

 

●作り方●

【STEP1】デザインする

どんなタイルをどこに貼るかじっくり考えましょう!

下地材と同じ大きさの白い紙の上に仮置きしながらデザインするとイメージが湧きやすくておすすめ。

(私は30分〜1時間かかりました…。せっかくなら可愛いものが作りたい!)

 

 

【STEP2】下地材にタイルを貼りつけ

木工用ボンドでタイルを仮止めします。ちょっとズラしたり、模様を整えたりするならこのタイミングで!

 

 

【STEP3】ドライヤーでボンドを乾かす

意外と疲れますが、しっかり乾かしましょう!ここでしっかり乾かさないと、後で目地材を入れた時にズレてしまいます。

触ってみてタイルが動かなければOK。

※自然乾燥なら半日〜1日程度。

タイルが熱くなるので触るときには注意してくださいね!

 

 

 

【STEP4】目地を作る

目地材(粉状)に水を混ぜて目地を作ります。目地材の説明書の通りの分量で作ってください。水を入れたらすぐに混ぜるのと、作った目地はすぐ使うのが重要ポイント!肌が荒れてしまうので、手袋をした手で混ぜてくださいね!

 

【STEP5】目地を入れる

手でペタペタ。隙間を埋めるようにしっかりと。

 

 

【STEP6】余った目地をふき取る

余分な目地材は手で新聞紙などの上になすりつけて(笑)

その後、水につけて固く絞ったスポンジで優しくなでてふき取ります。

 

 

 

【STEP7】トントンしましょう

空気を抜くために、下地材を持って垂直に落とします。

隙間が出来たら目地を追加しましょう。

今回、このステップは飛ばしてしまいました…。今これを書いていて思い出しました(泣)

 

【STEP8】目地材を軽く乾かす(5分くらい)

ここでもドライヤー登場!

 

【STEP9】全体をきれいに拭き取る

ティッシュやウエスを使ってきれいに拭き取りましょう。

目地材はあまり触りすぎるとどんどん取れていってしまうので、タイルの上だけを狙って1つずつ地道に拭いていきましょう。

 

 

【STEP10】1日寝かす

完全に乾燥するまでに丸一日かかります。立てたり、上下ひっくりかえしたりせずに、水平のまま丸一日乾燥させてください。

 

〜完成!!!〜

お好みで下地材にバターミルクペイントやブライワックスなどを使って色を塗ったり、

トレーとして使用するなら取っ手を付けるのもいいかも。

コースターならお手軽に、鍋敷きや写真立てなどアイディア次第で

いろいろなものが作れます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

私は今回初めてのタイルDIYだったのですが、スムーズに作業できました。

目地材の感触がヒヤッとしていて心地よい〜。

何より自分が考えたデザインがだんだん形になっていくのが楽しい!

いろんな柄、いろんなグッズをDIYしたくなってきちゃいます。

保護者の方と一緒なら、小学生のお子様でもできちゃうタイルDIY。

お家時間が続く今、一人でじっくりとお子様とワイワイと、DIYを初めてみませんか?

コロナが落ち着いたらまたワークショップ企画しますので、楽しみにお待ちください。

 

 

 |  次へ >

無料駐車場 キッズスペース 完備

CONTACT

AKARItoKIが気になる!そんな方はこちら!

SHOWROOMにぜひお気軽にお越しください。

直接来店はもちろん、住宅のご相談をされたい方はお気軽にご予約来店ください。

  • LINEで相談・予約 外部リンク
  • メールフォーム リンクバナー